akiz

livre lart

イベント報告

 

* 2016年11月12日(土)於:岡山市北区 岡山大学津島キャンパス内 Jテラスカフェ

 

第1回 瀬戸内ブッククルーズ(岡山市・岡山市教育委員会後援)

イチョウ並木の本まつり

 

岡山、香川、徳島、鳥取から24の書店、雑貨店、飲食店のほか、出版社や著者が集合!

会場:Jテラスカフェ(岡山大学 津島キャンパス内)

時間:10:00〜16:00(雨天決行 ですが、荒天の場合は中止)

#setobc #瀬戸内ブッククルーズ #イチョウ並木の本まつり

 

《ご報告 2016年11月15日(火)掲載》

やっぱり食べ物は大切です。

ボリュームあるサンドイッチ、クレープ、エスニックなロール、お米を使ったプレート、蒸しパン、ドーナツなどなど、ランチタイムには行列ができる人気でした。

 

 

 

 

 

イチョウに合わせて各書店が持ち寄った黄色い本のシンボルタワーです。

残念ながら蜻文庫には黄色い本がなく、たくさんあるものだと感心するばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お勧めの本をご紹介するコーナーです。

エッセー担当の世良が『まぁ映画な、岡山じゃ県』の裏話をしました。

お客様にはいしい先生の原画を手に取って(透明ケースに入れています。ご安心ください)見ていただきました。

 

 

 

 

 

 

蜻文庫の販売スペースです。

『まぁ映画な、岡山じゃ県』のサイン本のほか、世良の小説集『夏よ、止まれ』や他社出版ですが、沖縄関連の古本が好評でした。

山陽新聞の連載を楽しみにしてくださっている方、いしい先生と同じ高校出身で「先輩です」とおっしゃる方、「後輩です」とおっしゃる方など、たくさん来ていただき、声をかけていただきました。本当にありがとうございました。

 

 

 

お天気にも恵まれ、イチョウもこれ以上ないほどに黄色く美しく色づいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《以下は本まつり前にお知らせした情報です》

本まつりのクールなHPはこちら

 http://setouchi-bookcruise.net

 

 「ブックトーク」午前の部の2番手として

『まぁ映画な、岡山じゃ県』について語ります。

もちろん、裏話も!

(2016年10月18日記)

 

 

 

 

 

 

各店主がお宝本を持って出店します。おしゃれな雑貨もあります。

そして、「読書の秋」のみならず「食欲の秋」でもあります。

場所をお借りするJテラスカフェさんのほか

ドーナツやクレープ、オーガニック野菜料理のお店も参加されますよ。

ご来場のお客様優先ではありますが、……私も味見したい!

(2016年11月3日記)

 

 

 

 

 

いしいひさいち先生のサイン本を持って出店します! 数量限定です!

『まぁ映画な、岡山じゃ県!』と『まぁ映画な、岡山じゃ県2』両方あります。

もちろん、直筆のサインです。

しかも! 直筆の豆カット付きという豪華版!

豆カットは、別の紙に描かれたものを先生がご自身で本のタイトルページに貼り付けられたものです。

どれもモチーフ(窮地に陥った金田一探偵)は同じですが、アングルや描かれているものが微妙に違っています。

 

 

 

 

はみ出した糊の跡を見て、バイトくん先生が一枚一枚貼られている姿を想像し、嬉し泣きしました。

定価で販売します。 業者の方はご遠慮ください。

(2016年11月1日記)

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、店主が特別お勧めする本についてプレゼンする、という時間が設けられます。

蜻文庫は午前の部の2番手で出ます。

いしい先生のご許可をいただきましたので、

『めくらまし天狗』(山陽新聞2016年10月13日掲載)の原画をご覧いただこう

と思います。

この写真、『めくらまし天狗』の原画をスキャンしたものですが、台詞の一部が貼り付けで、修正液がついているんです。

原画だとやっぱり迫力が違います。

台詞も全て手描きのいしい作品、締め切りギリギリで誤字に気付いた時、東京へ原画を送り返したら間に合わない…。

さて、どうしたでしょうか?

 

先日、いしい先生が「本まつりに私は行けませんので、代わりに世良さん、『いしいひさいち』を名乗ってもいいですよ。ふふふ」と言われました! 何と恐れ多い! 面白いけど、まさかそんなことができるわけがない! と言いつつ、先生のサインを真似てみる世良でした。

(2016年11月8日記)

 

 

ページトップへ       イベント情報ページへ戻る

 

 

* * * * * * * * * * * *  * * * * * * * * * * * 

 

* 2016年10月28日(金)於:岡山市北区 CoMA COFFEE

まぁ映画な、岡山じゃ県2』発売記念!

世良利和 発見! 発掘! おかやま映画を語りつくす会 vol.1

 

出演:世良利和(映画史研究家)、夜の編集室(ローカル映画職人)

会場:CoMA COFFEE(岡山市北区丸の内 1-1-5 栗山ビル202号

時間:19:30開始

参加費:1,000円(ドリンク付) 20名様限定 要予約

予約受付tel:086-225-5530(CoMA COFFEE)

 

映画好きの二人と一緒に岡山と映画について語りませんか?

「結構あれこれ見てきたけど、本に載っている映画はほとんど観てない」というお声もいただいています。どうやってその映画を発掘したのか、なぜ取り上げようと思ったのか。また本には書ききれなかった舞台裏話もご披露できればと思っています。

 

〈イベント報告 2016年11月1日記〉

まずは世良利和著の映画本と沖縄映画調査仲間の平良竜司&當間早志著の『沖縄まぼろし映画館』を展示させていただきました。

 

 

 

 

 

 

ローカル映画職人S氏の司会で、とりあえず来場者とウォーミングアップ。

 

 

 

 

 

 

S氏が画像を準備してくれました。

大きい画面で見ると、なかなかの迫力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まぁ映画な、岡山じゃ県』で取り上げた映画のいくつかのジャケットが映し出されました。下段右端には『ローマの休日』が入っていました。オイオイ! 慌てて削除したS氏でした。

 

この後、リクエストに従って映画を選び、岡山が出てくるシーンをご紹介しながら、当時の撮影に関わるエピソードを世良が大暴露!しました。

約半世紀前の岡山の風景に会場からは「おーっ!」という声。かなり盛り上がりました。

 

 

 

肌寒い中、お集まりいただきありがとうございました。また本をご購入くださったお客様もありました。ありがとうございました。

会場を貸していただいたCoMA COFFEEの長岡さんからも「面白かったです。またやってください」という嬉しいお言葉をいただきました。ありがとうございました。『まぁ映画な、岡山じゃ県』も販売用に置かせていただいています。

そして、時間をかけて準備してくれた「夜の編集室」のローカル映画職人S氏、ありがとうございました。

 

ページトップへ       イベント情報ページへ戻る

 

***************************************************

 

* 2016年10月20日(木) 於:沖縄県那覇市

 

ほんのきもちでトークライブ 2nd シーズン

「沖縄映画戦後70年を90分でしゃべり倒す!!」

 

出演:世良利和(映画史研究者)+新城和博(那覇市の出版社ボーダーインクの編集者)

会場:ブックカフェ優しい気持ちで沖縄(サンライズなは)

料金:1,500円

予約:098-835-2777

 

2016年11月6日(日)まで開催中の

ブックパーリーOKINAWA2016

のイベントの一つとして

あきづ文庫の世良がボーダーインクの新城さんと

沖縄映画について熱く語ることになっています。

「癒しの島、沖縄」というイメージに乗っかっただけの映画は許さん!

 

世良利和著『沖縄劇映画大全』(ボーダーインク2008年)

 

 

〈イベント報告〉(写真待ち中です。2016年11月1日記)

 

 

ページトップへ      イベント情報ページへ戻る

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)

所在地 : 700-0822 岡山市北区表町 1-4-64 上之町ビル4F

E-mail : akiz*akiz-bunko.com(*は@にしてください)

Tel&Fax : 086-201-1640

出版者記号 : 904789

取 次 : 地方・小出版流通センター

ichigo

 

 

 

 

 

| 蜻文庫について | あきづの本リスト | 特定商取引法に基づく表記 |  ページトップへ |