akiz

『まぁ映画な、岡山じゃ県2』いしいひさいち&世良利和

《ご意見・ご感想》

 

* 2016年10月18日(火)いただいていたメッセージをご紹介します。

 

〈広島県 Hさん〉 2016年9月21日付メール

 『まあ映画な、岡山じゃ県2』読みました。 『!』と同じく面白かった。世良氏の突っ込みとボールド岡山くんの追い打ちのハーモニーが素晴らしい。ただ、ボールド岡山くんの岡山弁にはまだ分からないところもありますが、その未知なところが想像力を刺激します。

 

  ハーモニーといえば、『!』はいしいひさいち氏の「協力」で、世良氏の文章とうまく調和していましたが、今回はまさにduel、「決闘」です。いしいひさいち氏は「負けとりゃせんで」とばかりに攻め込んできます。それも、タイトルの連続技がまるで五コママンガになって機関銃攻撃のよう。『ある日わたしは』に対しては「あくる日わたしは」、「ある日たわしは」、『シベリア超特急』では「シベリアちょっと急」、「シベリア超特急西へ」、「シベリア超特区」、「スベリア超特急」と畳みかける。

 

 その「シベ超」の「山下閣下」、最高ですね。もう誰にも止めることのできないパワーです。そうなら金曜ロードショウの終わりは「山下閣下」ポーズで決めて欲しかった。 『ティファニーで朝食を』の強引さの影に隠れたとはいえ、台湾に羽ばたいた桃太郎も侮れません。この何でもあり加減がすごい。『新桃太郎』、例によって観ていないので刺激されます。犬山の桃太郎神社の「鬼の目に涙」の鬼を思い出します。こちらもちゃっかりと、岩からしみ出た水を鬼の涙に見立ています。まあ、何でもありです。

 しかし、この『ティファニーで朝食を』と『新桃太郎』が既定路線となれば、これからも岡山は羽ばたきますね。楽しみです。 新学期が始まったら学生に紹介します。  

(あきづ:長年の友で、広島大学教授をやっている平手友彦氏からのメールです。ありがとう! どんどん学生さんに宣伝してー! ちなみに「ボールド岡山くんの岡山弁」の意味に思い至らず、「鈍い!」と叱責されました。でー!)

 

 

〈兵庫県Nさん〉 2016年9月21日(水)付メール

 とても早い発送で驚き!、かつ、感謝です!! 仕事が立て込んでまだ読めていませんが、次の休みにゆっくりと楽しませていただきます。これからも楽しい本作りお願いいたします

(あきづ:手順にも慣れてきて、当初よりは早くお送りできるようになりました。お仕事の合間に楽しんでいただけたら幸いです。ありがとうございました)

 

 

〈千葉県Mさん〉 2016年9月19日(月)付メール

 おもしろく読ませていただいています (^ ^) また、次の企画も楽しみにしています。

(あきづ:ありがとうございます。次も是非、よろしくお願いします!)

 

 

〈東京都Tさん〉 2016年9月18日付メール

 しばらく家から離れており、今日本をいただきました。 丁寧に梱包していただき、ありがとうございます。 家内が書店でアルバイトをしており、この本の問い合わせが急にあったとか。 よろしくお願いいたします。

(あきづ:書店員さんも驚かれたことでしょう。県外の方にはタイトルが大変わかりにくいようで、書店員さんからお電話でご注文いただくたびに申し訳なく思っています)

 

 

〈岡山市Sさん〉 2016年9月17日(土)付メール

 先日久しぶりに岡山市内に出かけ丸善書店に寄ると、何と第2弾が! 早速山陽新聞にリクエスト掲載していただいた『カポネの舎弟 や まと魂』をいそいそと確認すると、な何と次には『極道罷り通る』が 載っているではありませんか ! !   「リクエストが一作でも掲載されただけでもビックリでしたのに、今 回二作共となって、いしいさんの4コママンガも増えて、なんとぎょう さんの若山(富三郎)さん状態」 世良さん、いしいさん、この度は本当に有難うございました。

(あきづ:『!』出版の折、「若山富三郎ファンです」とお電話をいただいた方だと思います。「カポネ」の弾けよう、素晴らしいですよね!)

 

 

〈東京都Tさん〉 2016年9月12日(月)付メール

日曜の朝日新聞の書評欄で、本の紹介を読みました。 岡山出身ですので、ぜひ読みたいと思い、注文いたします。

(あきづ:Tさんも2冊ご注文いただきました。 ありがとうございました。朝日新聞にも感謝!)

 

 

〈東京都Kさん〉 2016年9月11日(日)付メール

朝日新聞の記事を見て初めて知りました。よろしくお願い致します。

(あきづ:書評の「オススメ」コーナーでご紹介いただいたお陰さまで、『!』と『2』の両方をご注文くださいました。ありがとうございました。

 

 

〈埼玉県Nさん〉 2016年9月4日(日)付メール

 おかげさまで近く岡山に赴任する友人に手渡すことができそうです。ありがとうござ いました。 次回の「3」も楽しみにしておりますので、またご連絡いただけましたら幸甚です。

(あきづ:『3』のモトとなる「リターンズ」の第一回が10月13日(木)山陽新聞に掲載されました。月一回の連載ですので、書籍化にはまたしばらくお時間をいただきますが、実現してご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします!)

 

 

〈兵庫県Mさん〉 2016年9月3日(土)付メール

 以前あっさり袖にされた書店が、私が残したISBNを再検索して入荷してくれました。やれやれ。 書店はJR駅構内のBOOKS KIOSKでございます。

 

 愉快な本文はもちろん、いしいひさいちさんの挿画がタイトルの面白さと相俟って素晴らしいコラボ本になっています。 寝室、食堂、トイレ、どこでも何度でも読める良い本を出版していただいてありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 おおきにありがとさん。 

(あきづ:本当にご面倒をお掛けして申し訳ありません。何度も読んでいただけて著者も喜んでおります。ありがとうございます)

 

 

〈北海道Sさん〉 2016年8月25日付メール

 本日は たまたま昼に用事で戻り、不在配達票を発見した次第です。 すぐに郵便局に連絡して午後に受け取ることができました。 今夜から出張で上京し日曜まで不在になりますので、この タイミングで拝受できてとてもよかったと思います。

 

  ご心配いただいた台風は、道内各地にけっこうたいへんな 被害を残しました。幸い厚岸近辺に大きな被害はなかった ようですが、農業、漁業への影響はまだ続くようです。 それでは、次の作品も楽しみにしております。また、よろしく お願いいたします。

(あきづ:Sさんからのメールを受信することはできたのですが、送信することができず、確認のご返信をしないままお手紙を同封して発送しました。大型台風が30年振りかで北海道を襲ったわけですが、そのことを思い出しました。ついこの間のことなのに)

 

 

〈福島県Yさん〉 2016年8月22日付メール

 先ほど、台風による大雨にもめげず『まぁ映画な、岡山じゃ県2』、無事届きました。

 

 紀伊國屋書店ウェブストア、honto共に『まぁ映画な、岡山じゃ県2』の書籍案内が出ていましたが、現時点(8/22 16:50)では共に注文できない状態になっています。 いずれ購入可能になると思いますが、それまでは先に読めることへの優越感にひたりながら読みたいと思っています。

 

 おって、まぁ映画な~3も刊行される計画とのこと。楽しみに待っております。

(あきづ:本当に今年は超大型の台風が次々来ました。いつも日本郵便で発送しています。遅延なく届けてもらえるというのは有難いことだと気付かせていただきました。ありがとうございました。10月18日現在、紀伊国屋ウェブストア、honto共にご購入いただける状態になっています)

 

 

〈香川県Kさん〉 2016年8月16日(火)付メール

 只今、瀬戸内国際芸術祭で賑わっている直島です。 お客様の受け入れで忙しい毎日ですが、 休憩時間に、『まぁ映画な、岡山じゃ県2』を拝見させて頂きます。 日中は、店内に置かせて頂き、 少しでも、多くのお客様の目に触れるように致します。

(あきづ:「ゲストルーム青い鳥」さんからいただきました。ありがとうございます。瀬戸内芸術祭も年々賑わいを増しているようです。今真っ最中できっとお忙しいことでしょう。今日など蒸し暑かったですが、体調を崩されませんよう)

 

 

〈東京都Oさん〉 2016年8月16日(火)付メール

 進学で郷里を離れて既に四十数年ですが、私が高校生の頃の夏の高校野球は、 鳥取県大会の後に東中国大会があり、いつも岡山県勢に阻まれていました。 (島根愛が抜けない私には、吹奏楽で甲子園にかり出されることも無くうれしいかぎり) 著者(世良利和さん)が出雲出身とのことですが、 8月の帰省で、今年は出雲市のゴビウスに行ってきました。

 

 がんばれタブチ君 から いしいひさいち さんの本は、ほぼ全冊所有(もちろん読んでいます)、 この二、三日は 「ヒラリー・クイーン大統領への道」を引っ張り出して読み直しました。 ののちゃん の連載があることで、どんなに腹が立っても朝日新聞をやめることができません。 『まぁ映画な、岡山じゃ県 3』が発売になるのを気長に待っています。 その頃には定年退職をしていますが、必ず買いますので忘れずに連絡をください。

(あきづ:ただいまアメリカ大統領選の真っ只中です。このメールをいただいて、私も『ヒラリー・クイーン 大統領への道』を引っ張り出しました。2004年刊です。今でも、今だからこそ笑えます! いしい先生、本当にスゴイ! 「どんな腹が立っても朝日新聞を…」の部分にも笑いました。同感のファンも多いようです。 Vive l'Asahi! 『3』もよろしく!)

 

 

〈愛知県Mさん〉 2016年8月7日(日)付メール

 ご案内ありがとうございます。前巻はおもしろく読ませていただきました。 今回は受け取り・支払いの便宜と、もしかして店員さんが興味を持ってくれるかもしれないと考え、地元の書店に注文しました。 お手間を増やしたかもしれませんけど、よろしくお願いいたします。

(あきづ:お心遣い、ありがとうございます。書店でご購入いただく場合も、まずご注文に足を運んでいただき、入荷の連絡があったらまた受け取りに出向いていただくことになります。本当にお手数をお掛けして申し訳ありません)

 

〈新潟県Tさん〉 2016年8月6日(土)付メール

 『!』に出ていた映画、何本かDVDを持っていたり録ってあるので、 本を片手に見直してみようかと思いながらも、まだ実現できていません。『2』が来たら、今度こそとは思っていますが・・・・・・

(あきづ:DVD、ご覧になったでしょうか? 鑑賞するには覚悟が必要な作品もあったりしますので…)

 

 

〈高知県Fさん〉 2016年8月3日(水)付メール

お世話になっております。この度は『まぁ映画な、岡山じゃ県2』刊行の
お知らせをありがとうございました。前作も楽しませていただきました。
今回も無論注文させていただきたいと思います。

(あきづ:「今回も無論」に嬉しさ倍増です! ありがとうございました)

 

 

〈熊本県Kさん〉2016年8月3日(水)付メール

 ご連絡ありがとうございます! 続編発売とのこと、是非購入したいと思います。 いしい先生のまだ見ぬ作品が・・・!と思うだけでわくわくします。 もちろん世良先生の文章も楽しみです。

 

 実は、地震の後片付けで、書籍類をいったんすべて箱詰めしてしまい、 現在何がなにやら状態になっておりますので、できれば旧作も再度注文したいと存じます。

 

 熊本市内および近郊はシネコンほぼ全滅状態で、唯一ミニシアター系映画館だけが 孤軍奮闘している状況にあり、映画の話題に飢えているところですので、 到着がとても楽しみです!

(あきづ:大変な中、ご注文いただきました。本当にありがとうございました。阿蘇山の噴火もありましたが、いかがお過ごしでしょうか)

 

 

* 2016年9月10日(土)

〈東京都Mさん〉

『まぁ映画な、岡山じゃ県2』お送りいただき、ありがとうございました。 よーこんだけ調べて突っ込みなさったなぁ。 お二人ともにさらなるパワーアップを感じ、読みながらどきどきしてしまいました。 そして、映画はほとんどが未見ですが、せーでもこんだけおもしろかったけー、大阪の友人にプレゼントしたくなりました。

 

周囲にしゃべれるひとがおらんけー忘れかけていた岡山弁を再認識できて、たいそう有益でした! 今後も本書を県外に広めるべく、何とかしたい(笑)と思っています。

 

〈大阪府Tさん〉

大笑いしながら読んでいます。岡山弁の突っ込みが面白すぎて、九州人のわたしにも岡山弁がうつってしまいそうじゃ。

 

 

*2016年9月3日(土)

〈兵庫県Hさん〉

今日紀伊国屋で入手しました!  先月の中頃、紀伊国屋のサービスカウンターで注文したときは、まだ検索にかからなかったのです。ようやく今日行くことができて、サービスカウンターに行くと、「ちょっとお待ちください」と言って、係りの人はどこかへ消えました。そして実物を手に現れたのでした。つまり、書棚に並んでいたのにそれとは気づかなかったのです。

 

HPで見ていましたが、表紙のデザインと色がいいですね。それと字が大きくてありがたい! 予告編というアイデアもおもしろいです。楽しみに読ませていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)
| 蜻文庫について | お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | 更新履歴 | ページトップへ |