akiz

『まぁ映画な、岡山じゃ県3 & 下津井平次捕物帖』

 いしいひさいち&世良利和

 

《 基本データ 》

 2016年10月から2018年9月までの月1回、地元の山陽新聞に連載された「まぁ映画な、岡山じゃ県 リターンズ」を、待望の単行本化に向けて大幅に加筆&再編集しました。

 「映画」をきっかけに見過ごされがちな岡山に着目し、同時に「岡山」をキーワードに映画の隠れた魅力が掘り起こされる新しいタイプの郷土本第3弾です。

 

 いしいひさいち氏の作品としては山陽新聞に連載された4コマ漫画に加え、24本の1コマ漫画を描き下ろしていただきました。さらに「B型平次」ならぬ「下津井平次」という強力な助っ人も登場! 12ページにわたる作品ももちろん 描き下ろしです。

 

《 目次 》

(章タイトル / 映画タイトル)

前口上 いしいひさいち

1話 鞍馬天狗、岡山に現る? / 鞍馬天狗

2話 寅さんの甥っ子、津山で袋叩きにされる / 男はつらいよ 寅次郎紅の花

3話 岡山県人が大東京で演じるすれ違いのメロドラマ / 心の日月

4話 あの長門勇がなぜか女にモテて困る / いも侍・蟹右衛門、いも侍・抜打ち御免

5話 金魚を喰った池部良の末路 / 早春

6話 西大寺五福通りに魔女が舞い降りた / 魔女の宅急便(実写版)

7話 親友も経年変化で別な人 / でーれーガールズ

8話 宇野港で泣かされた藤純子 / 女渡世人 おたの申します

9話 高杉くん、Youは何しに上海へ? / 狼火は上海に揚る(春江遺恨)

10話 文芸映画の名匠が手がけた足フェチ映画 / 麦笛

11話 長谷川一夫の主役には無理が多過ぎる / 花の講道館

12話 勝手に松之助の伝記映画を構想してみた / 松ちゃんの泥芝居一代記

13話 君の肝臓を食べたい? / カンゾー先生

14話 藤純子、岡山の女を演じる / 明治俠客伝 三代目襲名

15話 戦時下の暗雲を吹き飛ばす海女たちの悩殺ボディ

16話 タイトルは「ひるね姫」なのに、夜も寝るんですか

17話 大地康雄が一人で背負った岡山のイメージ / サバイバルファミリー

18話 怪し過ぎるオジサン、長門裕之 / バージンブルース

19話 かつて瀬戸内海は無法地帯だった / 犬死にせしもの

20話 渥美清、六年ぶりに真鍋島へ帰る / 友情

21話 クイズ:ここはどこですか? / 種まく旅人〜夢のつぎ木〜

22話 タイトルに偽りあり、流れ板は七人もいないぞ / 流れ板七人

23話 大脚本家・橋本忍、100歳で逝く / 悪の紋章

24話 憤怒の河は岡山を流れていた / マンハント

下津井平次捕物帖 いしいひさいち

あとがき 世良利和

主な参考資料

『山陽新聞』連載への予告 いしいひさいち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)
| 蜻文庫について | お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | 更新履歴 | ページトップへ |