akiz

livre lart

蜻文庫について

名称 蜻文庫
名称よみ あきづぶんこ
出版者記号 904789
取次 地方・小出版流通センター
設立年月日 2009年8月21日
代表 藤野薫
所在地 700-0822 岡山市北区表町 1-4-64 上之町ビル4F
tel & fax 086-201-1640
URL http://akiz-bunko.com
mail akiz*akiz-bunko.com(*は@です)
主な業務 書籍出版(企画出版  自費出版)  取材  執筆  編集
これまでの主な仕事

『まぁ映画な、岡山じゃ県!』2013年4月発行

『まぁ映画な、岡山じゃ県!』続編 2013年9月〜2015年8月山陽新聞に毎月連載

『OSERA』に連載執筆2016年6月まで 「岡山シネマ人物伝」「岡山の神社」「岡山空想散歩」

『おかやまクイズ』(吉備人出版)共同執筆・編集

『岡山文化観光検定試験 公式参考書 要点整理』(吉備人出版)共同執筆・編集

《いしいひさいちファンの、在岡山市兼業出版者です》

一介のファンが出版者に

 ある日、何度目かで『バイトくん』シリーズを読んでいてハタと気付きました。「そうだった、いしいひさいち氏は岡山県出身だった…」   さらに作品を読み進めていくうちにある企画が頭に浮かび、日を追うごとに「本にしたい」という想いが強くなりました。2007年8月、意を決していしい先生にお手紙を書きました。以来ラブコールを送り続け、企画が実現できそうな感触を得た2009年の8月、「蜻文庫」としてISBNを取得しました。  

 そしていしい先生への想いを綴りながら機が熟すのを待ち、先生のご休養期間を経て遂に2013年3月、『まぁ映画な、岡山じゃ県!』を出版させていただきました。先生の4コマまんがと世良の映画エッセイとのコラボという、最初の企画とは少々違う形ではありますが私たちにとってはむしろ想像だにしなかった、この上なく嬉しい本になりました。

出版不況の中でも

 業界についての知識もなく、手探りで始めた私たちです。「より多くの人が読みたいのはどんな本か」ということがわかるはずもありません。となると、私たち自身がおもしろいと思う本を作るしかありません。これからも、いしい先生に「相手をせにゃぁおえまー」と言っていただけるような(いしい先生の岡山弁は拝聴したことはありませんが)企画を一つでも多く実現するとともに、本にできるような「おもしろい!」素材を見つけていきたいと思っています。

 

(藤野薫/世良利和)
 蜻文庫について | お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | 更新履歴 | ページトップへ |