akiz

蜻文庫ホーム いしいひさいち&世良利和の『まぁ映画な、岡山じゃ県2』2016年8月より絶賛発売中!

更新日:2017年3月21日(ほぼ毎週火曜夜更新します) ともかく、いしい先生のメッセージ画をどうぞ!

 

《TOPICS》

* 2016年8月30日(火) *special*

『まぁ映画な、岡山じゃ県2』発刊に当たり、いしいひさいち先生からメッセージ画をいただきました!

あげくにヘップバーンの『ティファニーで朝食を』を岡山関連の…… 手描きのメッセージ画を読む

 

* 2017年3月21日(火)new

  いしいひさいちセンセのHP「(笑)いしい商店」に、3月16日付で新着4作品がアップされています! 二カ月少々ぶりです。タブチくんファミリーとバイトくんがグダグダやっててクスッと笑い。

 

 「暑さ寒さも彼岸まで」のはずですが、今日も寒かったです。さすがに真冬の寒さではないですが、片付けるつもりで洗った防寒着を再登場させたくなくて、残したフリースを着たきり雀です。浮浪者臭がしてるかも。

 

 あの人もこの人も責任逃れ。稼がなくていい公務員が希望職業先の第1位だなんて、経済成長はおろか、「経済大国」は束の間の夢だった、てなことになりそう。でも、それも良いのかも。『未来食堂』や『魂の退社』を読むと、大企業に勤めたのにしがみつくことなく、覚悟を持って生きる女性が眩しいです。

 

 

* 2017年3月14日(火)

 『熱風』3月号です。いしいひさいち先生の「ガラクタWAR」の第6回は、もしかして締め切りギリギリの作品だったのかも、というようなタイムリーな出来事を思わせるネタです。いいなー! 絵から見える「間」が何とも言えません!

 

 先週末は長年の友人に誘われて、播州赤穂の温泉に日帰りで行ってきました。何かの花粉アレルギーと思われる肌荒れでザラザラしていたのですが、温泉に浸かった後、久し振りにスベスベになりました。温泉の「適応症」に「慢性皮膚病」とあるものの「どうせ…」と疑っていたことが申し訳ない。やっぱり温泉ってすごいのですね。今はまた元どおりで薬を塗っています。温泉の近くに住みたいものです。

 

 

* 2017年3月7日(火)

 冷たい強風が吹き荒れた一日でした。

 

 今朝の「在日米軍がターゲット」とはっきり言ったというニュースが気になります。しかも安倍にトランプというこのタイミングで。いえ、このタイミングだからこそなのでしょうか。教育勅語の暗唱やあの「選手宣誓」への違和感が報道の中にあまり感じられなかったことがさらに気がかりです。

 

 今週末は3.11です。誰の命も自然の前では本当に頼りないものなのだということを改めて思います。

 

 

* 2017年2月28日(火)

  森友学園問題、「前例がない」を理由に断ることを常とするお役人がこんなことをするとは怪し過ぎです。資料も廃棄したとはますます怪しい!でも、どうにもならないのでしょうか。

 

  『武器輸出と日本企業』によれば、やはり自立型無人戦闘機の開発が急がれているようです。トランプが軍事費を増額すると言っているらしいし、いずれ、「窓の外を見ていたら無人戦闘機が近づいてきていきなり撃たれる」なんてことになったりするのかも。昔見たあれやこれやのSF映画が現実味を帯びてきます。

 

 「(笑)いしい商店」に1月10日以来「新着」がありません。待たれるところです。

 

 

* 2017年2月21日(火)

 山陽新聞で連載中の「まぁ映画な、岡山じゃ県リターンズ」 第5回は今日の掲載でした。映画は小津安二郎監督の『早春』です。三石の殺風景な風景が印象に残っていると思ったら、マンガの最初のコマ!この映画を初めて観たあの時代に一気に引き戻されました。クーッ!うまいなー!

 

 おでんの大根がとてもおいしく炊けて幸せ気分に浸っています。でも、確定申告の準備をしなければなりません。これが現実。トホホ。

 

 

* 2017年2月14日(火)

 『熱風』2月号届きました。今月号から表紙はジブリの最新作『レッドタートル』のマイケル監督が描かれるのだそうです。随分印象が変わりました。

 いしい先生の「ガラクタWAR」第5回です。おおっ?!ひょっとして…これは誤字? でも力作ぞろいです。タイトル下の何気ない1コマの緩さも良い。

 

 それにしても東芝はどうなるんでしょう? 原発がからんでくるというのに経産省の人のまったく他人事のようなコメントも気になります。 そして豊洲問題。石原氏も責任を認めた上で全て話して欲しいものです。

 

 

* 2017年2月7日(火)

 寒いとはいえ節分も過ぎ、日が長くなってきたのを実感しています。節分といえば、出先の近所の保育園で豆まきをしているらしい賑やかな声がしていたのですが「鬼は外、福は内」というセリフは結局聞こえてきませんでした。一方で新しく風習となった巻き寿司については、販売のノルマが課せられたりして現場の弱い立場の人が苦しんでいる場合もあるのだとか。

 

 中国の公害問題で当局と闘っている母親たちの報道に、日本の高度成長期を思い出しました。共産主義でも資本主義でも結局同じことになるんですね。

 

 

* 2017年1月31日(火)

 たまのの市の ののちゃんカレンダー 届きました!二カ月ごとに4コマ1作品となっています。描き下ろしです。日めくりで欲しい!

 1月2月はたまのの温泉ネタです。実際の宇野港横にはリッチな温泉施設があり、見物に行った時にはとても賑わっていました。

 

 以前国会で「最高権力者が合憲だと言えば合憲になる。それは法治でなく人治です」と言った人がいましたが、トランプ大統領も同じようなことを言いかねない勢いです。あの話し方も何だか嫌な感じですが、いしい先生がもしトランプ氏を描かれたらきっと「人を憎まず」という気持ちでニュースを見ることができるようになるのでしょうけれど…。

 見たいなー、いしい先生のトランプ大統領。

 

 

* 2017年1月24日(火)

 月1回山陽新聞掲載の「まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ」、今月は先週の金曜日でした! 主題は長門勇主演の『いも侍』です。「三匹の侍」で岡山弁を全国区にした長門勇ですが、映画ではモテモテの役だったそうな。あの容貌で殺陣の名手だったということで、だからこそ二刀流蟹歩きができたのか。4コマ漫画の長門勇がこれまたいい味を出しています! 「方言 観光課」って…!!

 

 寒いです!

 

 

* 2017年1月17日(火)

 週末から寒さが続いています。あれからもう22年も経つわけですが、その後も大震災続きですから忘れることはありません。とはいえ、防災グッズは揃いませんが…。

 阪神淡路で学んだことがその後生かされているということが救いです。

 

 

* 2017年1月10日(火)

 いしいひさいちセンセの公式ホームページ「(笑)いしい商店」に新着2本アップされています。傑作です! 指差す機動隊員の笑顔! バイトくんのしたり顏! もっと読みたい!

 

 先週火曜日は正月3日でしたので更新をお休みさせていただき、今日が新年最初の更新です。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 『熱風』の1月号が届きました。「ガラクタWAR」タイトル下のセリフも含め、ブラックさが効いた初笑いです。いつぞやの首相の答弁ですなー。

 橋口亮輔氏のロングインタビューが掲載されています。「なんで今、メディアや報道も含めて、たかだか匿名のクレーム1本で折れてしまうんですか」ということです。テレビCMの場合は予期せぬときに現れるので微妙ですが、番組自体や映画なら「見ない」という選択もできるわけですからね。「映画が傷つく」という言い訳は、確かに言い訳になっていないのかもしれません。しかもまだどこからもクレームが来ていない自己規制が蔓延しているわけで。でも、現場の一人一人はサラリーマンだから、難しいところです。誰もが意見表明がしやすくなった結果、窮屈なことになっているのは間違いありません。

 

 いい加減、ガラケーからスマホにしようかとショップへ行ってみましたが、まだ値段ほどの利便性を感じられないので先送りにしました。取り残され感がひしひしと。。。

 

 

* 2016年12月27日(火) 

「まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ」第3回が12月22日(木)の山陽新聞に掲載されました。

 1954年の『心の日月』です。これでもか!のすれ違いのストーリーは『君の名は。』を意識しての選作でしょうか。

 で、4コマ漫画がこれまた傑作! 4コマ目の麗子さんが絶品です!

 

 いしい先生の公式ホームページ「(笑)いしい商店」に新着作品がアップされています。それから「フライング年賀状」と、何と!岡山県で一番初詣客の多い最上稲荷のポスターにののちゃん一家が登場しているという情報が掲載されています! 最上稲荷さん、やりますねー!

 

 今年はお陰様で『まぁ映画な、岡山じゃ県2』を 出版させていただくことができ、嬉しい年でした。世の中、不安なニュース満載ですが、それらから目をそらすことなく、楽しいことも見つけていかないといけません。若者に期待しつつ、年寄りも諦めずに頑張らねば。

 皆様、良いお年を!

 

 

* 2016年12月20日(火)

 いよいよ年末感が強くなってきましたね。

 

 Dreamweaverを新たにダウンロードしなくてはならなくなり、昨日無事にできたと喜んだのもつかの間、これまでと色々違っていてうまく使えません。コロコロ変えないで欲しい! 年末の忙しい時にヒドイ!

 

 

 

 

* 2016年12月13日(火)

 『熱風』12月号届きました。今月の 「ガラクタWAR」、実のところこんなもんかも知れんと思わせる作品です。『適正な勝利』あるかも。

 

 鳩山元総理のロングインタビューも掲載されています。名前の表記を変えたんですね。今は「鳩山友紀夫」なのだそうです。日米合同委員会のことにも触れられています。先日の報道ステーションでも軽く話題になっていました。初めてその存在を知った時には信じられませんでしたが、これはもっと広く知られるべきものだと思います。アメリカ、中国、ロシアとの問題など、どうだったんだろうというテーマについてインタビューされていて、マスコミの報道の仕方はやはり偏っていたのかと思いました。世襲議員の多さは異様です。

「編集後記」には(も)さんが『ヒラリー・クイーンーー大統領への道』のことを書かれています。そう、いしいマジックにかかると、誰もが愛すべき人間になります。100%の悪人なんていない。

 

《書店様へ》

 流通のJRCさんにも蜻文庫の本を取り扱っていただけることになりました。委託でのご注文にも対応可能となりましたのでよろしくお願いいたします。

 

 

* 2016年12月6日(火)

 先週末、久しぶりにいしい先生の生誕地玉野に行ってきました。「ののちゃんち」にももちろんお邪魔し、また『!』と『2』を置いていただけることになりました。展示してある4コマ漫画にひとしきり笑って「ののちゃんち」を後にしました。何度も読んでるんですが。

 「ののちゃんち」近くの「ミルクパーラー」が再開されていました。もちろんケーキを買いました。目移りしてなかなか選べませんでした。

 みやまの道の駅の鮮魚店で赤ガレイとガラエビを買いました。店員さんが調理法などを面倒がらずに教えてくれるので買う気になります。

 戻って岡大の「Marché de Noël」に向かったら…「入試のため明日に延期となりました」と。「え〜っ! 今日はせっかくの晴天、イベント日和なのに!」と思っていたら、翌日は午後から案の定雨。自転車で行けないとなると時間が取れず、諦めました。

 

 今日は話題の『この世界の片隅に』を観て来ました。じんわり良かったです。『あまちゃん』の、改名したのん、意外でしたが、いい味を出していました。 宮崎ワールドや『君の名は。』のような緻密さはなく、旧世代っぽい画でしたがそれだけに内容はシミジミと訴えてきた感じです。映画化までに6年かかったとのことですが、戦争も辞さないというような「普通の国」になろうとしている今だからこそここまで話題になったのかも知れません。まだ希望があります。

 

 

* 2016年11月29日(火)

 山陽新聞で連載中の『まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ』第2回が11月22日(火)に掲載されていました! まさか火曜日に掲載されるとは…。油断していました。不覚でした。

 取り上げられた映画は『男はつらいよ 寅次郎紅の花』。そう、寅さんの最終作品です。渥美清のしんどそうな様子が思い浮かびます。阪神淡路の被災地にも立ち寄った寅さんでしたが、渥美清としては色んな意味でつらかったのかもしれません。撮影現場でサインを求められても応えることができなかった。そしてサインを求めた人の残念そうな表情。あの映像が忘れられません。山田洋次はどう思っていたのだろう?

 

 

* 2016年11月22日(火)

 今朝の地震のニュースには「まさか、また…?」と思ってヒヤヒヤしました。とりあえず、5年前のようなことにならずにすみましたが、「今後一週間は」と言われても、自然のことだからそんな目安に何の意味もないのでしょう。「災害は忘れた頃にやって来る」ではなくなった以上、いつ、何があるかわからないと思って一日一日を大切に過ごすしかありません。

 

 昨日は「本まつり」の反省会+打ち上げでした。「最近の学生さんはお金がなくてなかなか本を買えない。それだけにどんな本を勧めるか、責任重大だ」という古書店主の言葉が響きました。「本離れ」と言われる中でも本好きな若者は必ずいて、彼らをがっかりさせたくないですからね。

 

 

* 2016年11月15日(火)

11月12日(土)岡山市で開催された「イチョウ並木の本まつり」のご報告。

いしい先生のサイン本を販売しました。 原画もチラリとご覧いただきました!

……詳しくは イベント報告 ページへ

 

 

* 2016年11月15日(火)お知らせ

スタジオジブリ発行の『熱風』11月号をゲットしました!

岡山では直接スタジオジブリに購読申し込みをする以外に手に入らない冊子です。いしい先生が10月号から「ガラクタWAR」というタイトルで連載されています。戦争モノです。

10月号は4コマが5作品でしたが、11月号は6コマ1作品、4コマが4作品です。今月のは特にNo.5が気になります。色々想像する4コマ目です。

定期購読は毎月20日までに申し込めば、翌月号から送られてきます。

 

 

 

* 2016年11月8日(火)

いしいひさいち先生の公式HP「(笑)いしい商店」 に新作がアップされています。1本だけですが、ROCAモノです。…「あ」が何だか意味深な感じ。

 

 

* 2016年11月1日(火) イベントのご報告ページをアップしました

10月28日(金)世良利和と映画談義するイベントのご報告をアップしました。

10月20日(木)世良利和+新城和博のトークライブはお陰をもちまして好評のうちに終わりました。たくさんのご来場ありがとうございました!(写真が届き次第、「イベント報告」ページにアップします)



 

 

* 2016年11月1日(火)お知らせ

いしい先生のHP「(笑)いしい商店」に「連載開始」という案内があったので、月刊誌『熱風』(発行:スタジオジブリ)をゲットしました! ジブリのグッズを置いてある書店で無料(!)でもらえるのですが、今のところ残念ながら岡山では入手できません。ちょうど世良が那覇にいたのでリブロで手に入れることができました。

A5サイズの冊子です。

 

 

 

 

p.84からp.85にかけて、いしい先生の4コマが5作品掲載されています。戦争モノで笑えます^o^

年間購読はほぼ送料のみの負担(2,000円/年)で可能です。スゴイ!

 

 

 

*2016年10月18日(火) お知らせ

10月13日(木)の山陽新聞に、「まぁ映画な、岡山じゃ県! リターンズ」の第一回が掲載されました!  『鞍馬天狗』でした。

 

 

* 2016年10月18日(火)

『2』にいただいたご感想やメッセージを追加アップしました。改めて拝読して勇気付けられました。ありがとうございました!……『2』の《ご意見・ご感想など》

 

 

* 2016年10月11日(火)

『!』の出版時にいただいたご感想を追加アップしました。

当時は余裕がなく、いただいたきりになってしまっていて申し訳ありませんでした。気になっていました……『!』の《ご意見・ご感想など》

 

 

* 2016年10月4日(火)

 那覇在住の友人のところは、台風の影響はさほどでもなかったとのことです。久米島の泡盛は「久米仙」が有名ですが、「久米島」というブランドもあって、なかなかおいいしいとの感想を聞いたことがあります。大丈夫だったでしょうか。

 

いしいファンが作ってくださったPOPを持って市内の書店を回ったことなど……『2』の《編集後々記》

 

 

* 2016年9月13日(火)

「あとがき」へのご指摘……『2』の《編集者へのご意見など》

 

 

* 2016年9月10日(土)

『まぁ映画な、岡山じゃ県2』への「ご意見・ご感想など」アップしました。……『2』の《ご意見・ご感想など》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜻文庫(あきづぶんこ)

所在地:700-0822 岡山市北区表町 1-4-64 上之町ビル4F

E-mail:akiz*akiz-bunko.com(*は@にしてください)

出版社記号:904789

取次:地方・小出版流通センター